日経先物の税金

日経平均先物1限月

Yahooファイナンス

日経先物の税金

日経先物取引における税金は所得税15%、住民税5%の計20%となっています。税金の分類上は申告分離課税となり、給与所得などとは別の取り扱いになります。

 

確定申告をすることで、3年間、損失の繰越制度が適用されます。取引で損失が出てしまった場合でも、確定申告をしておくことで、その年に控除し切れなかった金額に対して、来年の取引で利益が出た場合に相殺することが可能になります。

 

確定申告に必要な書類は、通常は証券会社から送付されますが、送付されない場合は自主申告を行う必要があります。取引履歴などのデータが必要になりますので、しっかりと保管しておきましょう。

 

確定申告は、正式には「先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書」という書類に必要事項を記載して申告します。このとき、「先物決済報告書」と「取引計算書」も一緒に提出する必要がありますが、これらの書類は証券会社が発行してくれることもあります。

 

税金の基となる所得は、複数の取引を行っている場合は通算した金額で算定されます。例えばA社で80万円の利益、B社で50万円の損失があった場合は、その人の年間の所得は30万円と算定され、この30万円が課税対象となります。

 

ただし、損益の合算ができるのは日経先物取引に係るもののみで、FXのような異なる取引には適用できません。日経先物取引で利益が発生し、FXで損失が出たような場合には、日経先物で出た利益に対してのみ税金を支払うこととなります。

 

また、オプション取引を行っている場合は、オプションの転売や買戻しで発生したプレミアム代金から手数料を控除した年間の損益金額が課税対象となります。オプションを新規に購入、または売却した時点では損益は発生せず、転売や権利行使などで利益・損失が発生したものに対して課税されるのがポイントです。

 

確定申告をしないと損失の繰越制度が適用されないため、現状で損失が出ている人でも確定申告はきちんと行っておきましょう。

日経先物の税金




オススメ日経225先物の取扱証券会社

楽天証券
楽天証券なら優れた取引ツールが使えます
楽天証券が他社と比較をして、優れている点は取引ツールのマーケットプレイスになります。このマーケットプレイスを使用して、トレードを行いたいと言う人も多く、楽天証券で口座開設をする際の決め手にもなっています。日経225miniの手数料については業界でも最低水準となっているのに加えて、多くのユーザーに取引をされていて、日経225miniの市場では個人投資家の売買高の約3割のシェアにまで拡大をしています。多くの人が取引をしていると言う安心も得られる事が出来るでしょう。SBI証券と同様に口座開設や取引金額に応じて、楽天市場などで使用をする事が出来るポイントをもらう事も出来る様になっているので、お得にトレードをスタートする事も出来る様になっています。当然、イブニングセッションにも対応をしているので、通常よりも長い時間、日経先物のトレードを行なう事が出来る様になっています。

楽天証券

手数料(税抜き)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

450円

50円

取扱無し

0.21%

0円

SPAN証拠金×110%

楽天証券は総合ネット証券会社となっているので、日経先物取引以外にも、多くの金融商品のトレードを行う事が出来る様になっています。日経225miniの手数料に関しては、業界でも最高水準で安い金額となっていて、実質、個人投資家の約3割前後は楽天証券でトレードをしていると言う実績も持っている証券会社となっています。多くの人がトレードをしている安心感に加えて、高い定評を受けているマーケットトレードと言う取引ツールも備わっているのが、楽天証券の魅力となっています。

GMOクリック証券
GMOクリック証券ならコストがかなり安く済みます
GMOクリック証券の最大の特徴はやはり、取引手数料がとにかく安い点になります。日経225先物の場合なら片道280円。日経225miniの場合には片道39円となっています。通常の価格と比較をした場合には半分以下の手数料しか掛からないので、多くトレードをする人にとって向いている証券会社と言う事が出来るでしょう。トレードを重ねる事によって手数料の重みが徐々に増していきますが、GMOクリック証券であれば、それほど手数料コストを意識せずにトレードを行なう事が出来ると思います。とにかく手数料は安く済ませたい。と考えている人は、文句無くクリック証券で決まりと言えると思います。それ以外にも、総合ネット証券として、FXや現物株や信用取引と言ったトレードも可能となっていますが、どの金融商品の取引でも業界内でも最高水準に安い手数料で取引を行う事が出来る様になっており、まさにコスト重視の人にとっては、外せない証券会社となっています。

GMOクリック証券

手数料(税込み)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

280円

39円

取扱無し

0.15%

0円

GMOクリック証券の最大のメリットはその取引手数料の安さになります。日経225先物の場合なら片道280円。日経225miniの場合には片道39円となっているので、他社と比較して場合によっては半額以上のコストとなっています。とにかく手数料に関しては最低限に抑えたいと言う人にとっては、ぴったりの証券会社となっています。他の金融商品に関しても、業界でも最高水準に安い取引手数料となっているので、気になる人はチェックをしてみて下さい。

マネックス証券
ネット証券大手の安心感
ネット専業の証券であるマネックス証券でも、日経先物取引の取扱をしています。他のネット専業の大手と比較をしても、取り扱っている金融商品の幅に関しては、多くなっています。例えば話題の日本の個人向け国債なども取扱っているので、日経先物取引だけではなく、様々なシーンで活用をされている証券会社となっています。日経先物取引の事になってしまうと、他社と比較をしても、安く抑える事が出来ます。例えば日経先物であれば、1枚辺りの手数料が346.5円となっていて、日経225miniの場合なら1枚辺り52.5円となっています。手数料以外にも、システム面や資本金と言った面で、安心感がある会社になっているので、根本として安心してトレードをしていきたいと言う人に向いている証券会社となっていると言えるでしょう。マネックス証券では口座開設キャンペーンも頻繁に行なわれているでの、気になる人は公式サイトをチェックしてみて下さい。

マネックス証券

手数料(税込み)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

346.5円

52.5円

取扱無し

0.189%

0円

SPAN証拠金×140%

頻繁に口座開設キャンペーンとしてキャッシュバックを行なっているので、お得に始めたい人に向いているネット証券会社となっているのが、マネックス証券となっています。日経先物や日経225ミニの手数料に関しても、業界内でもかなり安い水準となっていますが、特に日経225ラージではトップクラスの手数料の安さとなっています。それに加えてしっかりとしたシステムや、資本金の面でも体力のある会社となっているので、安心して取引を行う事が出来る環境となっています。

カブドットコム証券
カブドットコム証券なら米国のCMEにも対応
カブドットコム証券では、日経225先物や日経225mini・日経225オプションにも当然対応をしていますが、それ以外にも、米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)にも対応をしています。米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)の場合なら、日本時間の20:00〜翌6:15の間に取引を行う事が出来るので、日中仕事をしている人やイブニングセッションにも対応をする事が難しいと言う人にはオススメのネット証券となっています。無料で視聴をする事が出来るオンデマンドセミナーのコンテンツも豊富に揃っているので、投資についてのノウハウの勉強をしたい人にもオススメとなっているのが、カブドットコム証券となっています。

カブドットコム証券

手数料(税抜き)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

300円

38円

取扱無し

0.2%

カブドットコム証券では米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)にも対応をしているので、日中は仕事で忙しく、残業も多くなりがちとなっているので、イブニングセッションの取引にも間に合わせる事が出来ないと言う人とって、非常にオススメの証券会社となっています。投資の初心者の人のオススメなオンデマンドセミナーについても、無料で自分の好きな時間に視聴をする事が出来る様になっているので、これから投資について勉強をしてみたい人にとってもオススメな証券会社です。

ライブスター証券
ライブスター証券では業界最低水準の取引
ライブスター証券の日経先物取引の手数料は片道420円。日経225miniなら片道42円となっています。日経225オプションの手数料も0.15%(最低手数料105円)となっていて、日経225を扱っている証券会社の中でも、最高レベルで低い手数料となっています。取引コストを意識する人であれば、チェックをしておきたい証券会社となるでしょう。総合証券会社となっていますが、株式現物・信用取引との統一口座で簡単管理する事も可能となっているので、様々な投資の場面においても、柔軟に対応をする事が出来る様にもなっています。日経225miniの場合であれば、合計500枚までの発注上限となっているので、他社のと比較をしても、多く取引をする事が出来るのもポイントです。

ライブスター証券

手数料(税抜き)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

250円

35円

0.14%

ライブスター証券では取引手数料が業界最高水準で安いのに加えて、日経225先物の場合であれば、合計で5,000枚、日経225miniの場合であれば、合計で5,00枚まで建玉をする事が出来て、他社と比較をしても多くの取引が行えます。また株式現物や信用取引との統一口座で簡単管理する事が出来るのも特徴となっています。

アドセンス広告

当サイトはサイト作成時点の情報がベースとなっております。手数料および取扱い金融商品については、必ず公式サイト内にて各自で最終確認をお願い致します。また、取引による損害は負いかねます。