日経先物のカウンタートレード分析

日経平均先物1限月

Yahooファイナンス

日経先物のカウンタートレード分析

日経先物とは、未来の株式指数を予測して取引を行う投資商品です。投資商品ですので、利益を出すためには、DMIと呼ばれる方向性指数や、MACDと呼ばれる移動平均収束発散法のグラフを利用して、利益を見込める銘柄を予測した上で売買するのが一般的です。

 

例えば、DMIであれば+DIが-DIを上回っていれば上昇、MACDであればゴールデンクロスが買い時など、トレンドに合わせた売買をしている場合を順張り、またはトレンドフォローといいます。逆に、-DIが+DIを上回っている下降銘柄や、MACDのデッドクロスである売りの銘柄を買う場合を逆張りといい、相場が買いすぎなどの状況に陥ることを見越して、上昇している場合は売りに出し、下降している場合には買いに出る方法をカウンタートレード、または逆張りといいます。

 

トレンドフォローもカウンタートレードも利益を出す場合にはどちらも有効な手段ですが、カウンタートレンドは短期売買の日経先物には向かないといわれています。しかし、カウンタートレンド分析に有効な指標もありますので、経験次第で利益を出すことも可能だといえるでしょう。

 

カウンタートレンド分析に有効なテクニカル指標はいくつかありますが、RSIという指標も有効です。RSIはRelative Strength Indexの略で、アメリカのアナリスト、J.W.ワイルダーによって考案された指標です。

 

RSIとは、株の値の動きに敏感に反応するグラフで、買われ過ぎや売られ過ぎを見るオシレーター系のテクニカル指標です。基本的には、RSIが70%以上の場合は買われ過ぎ水準といわれ、RSIが30%以下の時が売られ過ぎ水準といわれていますので、これを見てカウンタートレンド分析をすることが可能となります。

 

また、RSIが70%以上または30%以下の時に逆行現象が起きれば、トレンド終了を示唆するサインだと言われています。RSIは短期的に見るには良い指標ですので、期限が決められている日経先物のような場合に有効です。

日経先物のカウンタートレード分析




オススメ日経225先物の取扱証券会社

楽天証券
楽天証券なら優れた取引ツールが使えます
楽天証券が他社と比較をして、優れている点は取引ツールのマーケットプレイスになります。このマーケットプレイスを使用して、トレードを行いたいと言う人も多く、楽天証券で口座開設をする際の決め手にもなっています。日経225miniの手数料については業界でも最低水準となっているのに加えて、多くのユーザーに取引をされていて、日経225miniの市場では個人投資家の売買高の約3割のシェアにまで拡大をしています。多くの人が取引をしていると言う安心も得られる事が出来るでしょう。SBI証券と同様に口座開設や取引金額に応じて、楽天市場などで使用をする事が出来るポイントをもらう事も出来る様になっているので、お得にトレードをスタートする事も出来る様になっています。当然、イブニングセッションにも対応をしているので、通常よりも長い時間、日経先物のトレードを行なう事が出来る様になっています。

楽天証券

手数料(税抜き)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

450円

50円

取扱無し

0.21%

0円

SPAN証拠金×110%

楽天証券は総合ネット証券会社となっているので、日経先物取引以外にも、多くの金融商品のトレードを行う事が出来る様になっています。日経225miniの手数料に関しては、業界でも最高水準で安い金額となっていて、実質、個人投資家の約3割前後は楽天証券でトレードをしていると言う実績も持っている証券会社となっています。多くの人がトレードをしている安心感に加えて、高い定評を受けているマーケットトレードと言う取引ツールも備わっているのが、楽天証券の魅力となっています。

GMOクリック証券
GMOクリック証券ならコストがかなり安く済みます
GMOクリック証券の最大の特徴はやはり、取引手数料がとにかく安い点になります。日経225先物の場合なら片道280円。日経225miniの場合には片道39円となっています。通常の価格と比較をした場合には半分以下の手数料しか掛からないので、多くトレードをする人にとって向いている証券会社と言う事が出来るでしょう。トレードを重ねる事によって手数料の重みが徐々に増していきますが、GMOクリック証券であれば、それほど手数料コストを意識せずにトレードを行なう事が出来ると思います。とにかく手数料は安く済ませたい。と考えている人は、文句無くクリック証券で決まりと言えると思います。それ以外にも、総合ネット証券として、FXや現物株や信用取引と言ったトレードも可能となっていますが、どの金融商品の取引でも業界内でも最高水準に安い手数料で取引を行う事が出来る様になっており、まさにコスト重視の人にとっては、外せない証券会社となっています。

GMOクリック証券

手数料(税込み)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

280円

39円

取扱無し

0.15%

0円

GMOクリック証券の最大のメリットはその取引手数料の安さになります。日経225先物の場合なら片道280円。日経225miniの場合には片道39円となっているので、他社と比較して場合によっては半額以上のコストとなっています。とにかく手数料に関しては最低限に抑えたいと言う人にとっては、ぴったりの証券会社となっています。他の金融商品に関しても、業界でも最高水準に安い取引手数料となっているので、気になる人はチェックをしてみて下さい。

マネックス証券
ネット証券大手の安心感
ネット専業の証券であるマネックス証券でも、日経先物取引の取扱をしています。他のネット専業の大手と比較をしても、取り扱っている金融商品の幅に関しては、多くなっています。例えば話題の日本の個人向け国債なども取扱っているので、日経先物取引だけではなく、様々なシーンで活用をされている証券会社となっています。日経先物取引の事になってしまうと、他社と比較をしても、安く抑える事が出来ます。例えば日経先物であれば、1枚辺りの手数料が346.5円となっていて、日経225miniの場合なら1枚辺り52.5円となっています。手数料以外にも、システム面や資本金と言った面で、安心感がある会社になっているので、根本として安心してトレードをしていきたいと言う人に向いている証券会社となっていると言えるでしょう。マネックス証券では口座開設キャンペーンも頻繁に行なわれているでの、気になる人は公式サイトをチェックしてみて下さい。

マネックス証券

手数料(税込み)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

346.5円

52.5円

取扱無し

0.189%

0円

SPAN証拠金×140%

頻繁に口座開設キャンペーンとしてキャッシュバックを行なっているので、お得に始めたい人に向いているネット証券会社となっているのが、マネックス証券となっています。日経先物や日経225ミニの手数料に関しても、業界内でもかなり安い水準となっていますが、特に日経225ラージではトップクラスの手数料の安さとなっています。それに加えてしっかりとしたシステムや、資本金の面でも体力のある会社となっているので、安心して取引を行う事が出来る環境となっています。

カブドットコム証券
カブドットコム証券なら米国のCMEにも対応
カブドットコム証券では、日経225先物や日経225mini・日経225オプションにも当然対応をしていますが、それ以外にも、米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)にも対応をしています。米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)の場合なら、日本時間の20:00〜翌6:15の間に取引を行う事が出来るので、日中仕事をしている人やイブニングセッションにも対応をする事が難しいと言う人にはオススメのネット証券となっています。無料で視聴をする事が出来るオンデマンドセミナーのコンテンツも豊富に揃っているので、投資についてのノウハウの勉強をしたい人にもオススメとなっているのが、カブドットコム証券となっています。

カブドットコム証券

手数料(税抜き)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

300円

38円

取扱無し

0.2%

カブドットコム証券では米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)にも対応をしているので、日中は仕事で忙しく、残業も多くなりがちとなっているので、イブニングセッションの取引にも間に合わせる事が出来ないと言う人とって、非常にオススメの証券会社となっています。投資の初心者の人のオススメなオンデマンドセミナーについても、無料で自分の好きな時間に視聴をする事が出来る様になっているので、これから投資について勉強をしてみたい人にとってもオススメな証券会社です。

ライブスター証券
ライブスター証券では業界最低水準の取引
ライブスター証券の日経先物取引の手数料は片道420円。日経225miniなら片道42円となっています。日経225オプションの手数料も0.15%(最低手数料105円)となっていて、日経225を扱っている証券会社の中でも、最高レベルで低い手数料となっています。取引コストを意識する人であれば、チェックをしておきたい証券会社となるでしょう。総合証券会社となっていますが、株式現物・信用取引との統一口座で簡単管理する事も可能となっているので、様々な投資の場面においても、柔軟に対応をする事が出来る様にもなっています。日経225miniの場合であれば、合計500枚までの発注上限となっているので、他社のと比較をしても、多く取引をする事が出来るのもポイントです。

ライブスター証券

手数料(税抜き)
日経225先物

日経225mini

TOPIX

日経225オプション

最低必要証拠金

必要証拠金計算方法

250円

35円

0.14%

ライブスター証券では取引手数料が業界最高水準で安いのに加えて、日経225先物の場合であれば、合計で5,000枚、日経225miniの場合であれば、合計で5,00枚まで建玉をする事が出来て、他社と比較をしても多くの取引が行えます。また株式現物や信用取引との統一口座で簡単管理する事が出来るのも特徴となっています。

アドセンス広告

当サイトはサイト作成時点の情報がベースとなっております。手数料および取扱い金融商品については、必ず公式サイト内にて各自で最終確認をお願い致します。また、取引による損害は負いかねます。